MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



奇才、我が道をゆく
-達磨・布袋・一休・・・-

徳川美術館

 

大きな袋とお腹に、にったり笑顔の布袋。七福神として、現代の私たちにもなじみ深い彼は、実は中国の実在の仏僧でした。肩に担いだ布袋に施しとして受け取ったあらゆるものを入れて処々を泊まり歩き、そして遺言で、自分は弥勒菩薩の化身であると語ったと伝えられています。
 絵画や工芸作品には、布袋のほか許由や巣父・達磨・寒山・拾得など、中国の様々な人物が取り上げられ、彼らの強烈な個性を放ったさまざまな物語を作品の中にたどることができます。また日本でも西行や一休宗純など異彩を放った人々の、さまざまな物語が遺されています。
 本展では、徳川美術館に伝わる絵画作品や工芸品から、奇才とも称することのできる彼らの魅惑的な世界へと誘います。

開催場所
徳川美術館
開催期間
2018/01/04~2018/01/28
休催日
月曜日<但し、1月8日(月)は開館、翌9日(火)は休館>
開催時間
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金
一般 1,200円、高大生 700円、小中生 500円
※毎週土曜日は小・中・高生入館無料
主催
徳川美術館
公式サイト
http://www.tokugawa-art-museum.jp/
お問い合わせ
052-935-6262
ジャンル
工芸 東洋絵画(日本を除く) 日本画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP