MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



東京国立近代美術館工芸館名品展 陶磁いろいろ

石川県立美術館

 

今年、開館40周年を迎える東京国立近代美術館工芸館は、2020年を目標に、石川県へ移転します。これまで工芸館では、明治以降から近現代の作家による作品を、約3700点以上収集してきました。そこで開館に向け、昨年に引き続き、工芸館のコレクション展を、石川県立美術館にて開催いたします。本年度は、「陶磁」分野から、約50点をご紹介いたします。

陶土や磁土を焼成する工程から、「やきもの」という言葉で親しまれてきた陶磁。色絵、三彩、金銀彩、瀬戸黒、染付、青磁、白磁、焼締…、色や質感を生み出す技法は、並べだしたらキリがありません。また、今日では、茶碗や皿、花器からオブジェまで、形の選択肢も広がりをみせています。本展では、「いろいろ」に表現された陶磁の造形をお楽しみください。

開催場所
石川県立美術館
開催期間
2017/11/11~2017/12/17
休催日
会期中無休
開催時間
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
料金
一般360円、大学生290円、65歳以上290円、高校生以下無料
主催
「東京国立近代美術館工芸館名品展」開催実行委員会、石川県・金沢市・東京国立近代美術館
公式サイト
http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/
お問い合わせ
076-231-7580
ジャンル
工芸





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP