MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



シャガール・コレクション展 夢の旅路 サーカス

高知県立美術館

 

サーカスにシャガールが関心を持つきっかけを作ったのは、フランスの大画商ヴォラールでした。サーカス好きのヴォラールは、現在まで続く「シルク・ディヴェール(冬のサーカス)」のサーカス小屋の桟敷席にシャガールを招待します。ユダヤ教の信仰が息づく故郷ヴィテブスクの祭りや儀式の情景と重なる部分も多かったのでしょう、ヴォラールの読みどおり、にぎやかな音楽のもとで繰り広げられるアクロバティックな舞台にシャガールは魅せられました。1927年にはヴォラールからサーカスを主題にした挿画本の制作依頼を受け下絵をグワッシュで描きます。しかし、他の挿画本制作への関心の移行やヴォラールの事故死といった予期しない出来事によって制作は中断。最終的に《サーカス》が刊行されたのは、ヴォラールの初めの提案から40年後、1967年のことでした。

 ようやく日の目を見たシャガールの《サーカス》は、舞台の臨場感をそのまま具現化したかのような躍動する色彩と大胆で巧みな構図を併せ持つ傑作挿画本として、今もなお高い人気を誇っています。

開催場所
高知県立美術館
開催期間
2017/09/05~2017/10/24
休催日
会期中無休
開催時間
午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
料金
一 般360円、大学生250円、高校生以下は無料
公式サイト
http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/
お問い合わせ
088-866-8000
ジャンル
西洋絵画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP