MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



心に響く 感動の世界 山下清とその仲間たちの作品展

瀬戸市美術館

 

 山下清(1922~1971)は、少年時代から独特な貼絵などで才能を発揮しました。青年期には全国を放浪し、「裸の大将」として映画化、テレビドラマ化されており、その人気は今なお衰えません。
 清は3歳の時に患った病気の後遺症によって、八幡学園に入園しました。同学園は、昭和3年(1928)に知的障害児救護施設として創設者久保寺保久の自宅を開放し、開園しました。そして、「踏むな 育てよ 水そそげ」の精神をもとに、ちぎり絵(貼絵)、工作、園芸、裁縫などを学ばせて個々の特性を引き出していました。清はここでちぎり絵(貼絵)に興味を示しますが、18歳の時に学園を出奔し、放浪を始めます。そして時折、学園に戻ってきては、各地で見た風景を表現していました。
 当時、学園生活を共にした仲間たちにクレパス画の異才・石川謙二、原始芸術の風格・沼祐一、幼くして絵画的天分の持ち主・野田重博たちがいました。
 学園の教育方針をもとに制作された園児たちの作品に早くから注目していた早稲田大学心理学教室・戸川行男は、昭和13年(1938)に大隈講堂で園児たちの「特異児童作品展」を開催しました。この作品展は大きな反響を呼び、北川民次(1894~1989)、安井曾太郎、梅原龍三郎などの当時の画壇を代表する人物たちから高い評価を得ました。中でも、瀬戸でアトリエを構えた北川民次は、児童美術の教育者としての立場から、八幡学園の子供たちに特に関心を寄せていました。
 本展では、やきもののまちである瀬戸での開催にちなみ、瀬戸出身の人間国宝である加藤土師萌(1900~1968)の窯で制作された清の絵皿をはじめとして、その他各地で制作された清の陶磁器作品も特別出品致します。
高い造形力と、豊かな色彩感覚に満ちた学園の子供たちの作品の数々は、我々の心にいつまでも響き続けるものでしょう。

開催場所
瀬戸市美術館
開催期間
2017/10/07~2017/11/26
休催日
10月10日(火)、11月14日(火)
開催時間
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)、初日は午前11時開館
料金
一般:500円、高大生:300円
中学生以下、妊婦、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方は無料
主催
瀬戸市美術館、公益財団法人瀬戸市文化振興財団、「八幡学園」山下清展事業委員会、中日新聞社
公式サイト
http://www.seto-cul.jp/seto-museum/
お問い合わせ
0561-84-1093
ジャンル
洋画・水彩・素描・版画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP