MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



古筆-かなの美-

センチュリーミュージアム

 

「古筆」とは、古人のすぐれた筆跡のことをいいますが、主として平安~鎌倉時代の和様の書、とくに歌集を筆写したかなの書をさします。平安~鎌倉時代の貴族生活において和歌は必須のものであり、数多くの歌集が編纂され、美しい料紙に書写されました。時代が下り、室町末~江戸時代になると、茶の湯の隆盛による掛物の需要、あるいは古筆を貼り込んだ観賞用の手鑑の流行にともない、冊子・巻子の歌集は分割されて断簡へと姿を変え、古筆切となって今日に伝存します。筆跡の美、料紙の華麗さはもとより、旧蔵者・伝来の地名・料紙の特徴等にちなんで名付けられた古筆切の名称にも思いをめぐらせながら、鑑賞していただければと思います。

開催場所
センチュリーミュージアム
開催期間
2017/10/02~2017/12/16
休催日
毎週日曜日
開催時間
10:00~17:00
料金
一般500円、高校・大学生300円、中学生以下無料
公式サイト
http://www.ccf.or.jp/jp/10about_museum/index.html
お問い合わせ
03-6228-0811
ジャンル
文学 平安時代 鎌倉時代





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP