MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



福岡市・ヤンゴン市姉妹都市締結記念 ようこそ、ミャンマー美術へ!

福岡アジア美術館

 

 2016年12月、福岡市とヤンゴン市は姉妹都市の締結をしました。それを記念し、本展では、19世紀末から現代までのミャンマー美術のあゆみを約30点の所蔵作品でふりかえります。
 福岡アジア美術館では、1999年の開館当初からミャンマー美術の紹介、また作家を招聘して作品制作をおこなうなど美術交流を続けてきました。現在、当館ではアジア23ヵ国・地域の近現代美術作品を2900点所蔵していますが、そのうち71作品(36作家)がミャンマーの作品です。本展では、英領時代にミャンマー最後の王朝の宮廷を描いた洋風絵画から、黄金のパゴダに代表される麗しい仏教国のイメージ、そして社会問題に関心をおいた現代の作品などを紹介します。
 また、これまで福岡に滞在して、作品制作をしたミャンマーの作家についてもあわせて紹介します。

開催場所
福岡アジア美術館
開催期間
2017/08/31~2018/01/09
休催日
毎週水曜日(水曜が休日の場合はその翌平日) 、年末・年始(12月26日~1月1日)
開催時間
午前10:00~20:00(入室は19:30まで)
料金
一般200円、 高校・大学生150円、中学生以下無料
主催
福岡アジア美術館
公式サイト
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home
お問い合わせ
092-263-1100
ジャンル
東洋絵画(日本を除く) インスタレーション





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP