MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



没後45年 鏑木清方展

高松市美術館

 

鏑木清方(かぶらき きよかた)[明治11(1878)~昭和47(1972)年]は、明治から昭和にわたって活躍し、美人画に独自の画境を切り拓いた近代日本画を代表する画家として広く知られています。平成29(2017)年が清方没後45年となるのを機に、その画業を改めて振り返る展覧会を開催します。
 清方は、明治24(1891)年、13歳のとき日本画家の水野年方に入門し、挿絵画家としてその画業をスタートし成功を収めます。明治30年代より本画制作に向かい、文展などの展覧会において評価を得、画壇の中心画家として活躍しました。また、昭和初期からはあらたに肖像画の分野にも取り組み、人間の内面までもを画面に映し出した作品を残しました。
 本画と呼ばれる展覧会場などを意識した大画面の作品に対して、自ら「私の最も興味を注いだもの」という画巻、画帖、折本などの形を取った小画面の「卓上芸術」も、清方芸術の真骨頂を示す作品群として見逃すことができません。10代から愛読した樋口一葉や、挿絵の執筆を通して20代から交流のあった泉鏡花らの文学を主題とした物語絵など、この小芸術の形式を取った作品を数多く描き、洗練された感覚による独自の世界を展開しました。
 本展は、鎌倉市鏑木清方記念美術館に御協力いただき、四国では初の清方の画業を通覧いただける回顧展となります。《遊女》、《朝涼》、《祭さじき》など多様な美人画から、《慶喜恭順》をはじめとする肖像画、文芸作品を題材にした《お夏清十郎物語》といった「卓上芸術」まで約50点をとおして、詩情あふれる清方の世界を存分にお楽しみください。

開催場所
高松市美術館
開催期間
2017/09/09~2017/10/15
休催日
月曜日(但し、9/18(月・祝)及び10/9(月・祝)開館、9/19(火)及び10/10(火)休館)
開催時間
9:30~19:00
(但し日曜日は17:00閉館/入室は閉館30分前まで)
料金
一般1000円、大学生500円、高校生以下無料
主催
高松市美術館
公式サイト
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/
お問い合わせ
087-823-1711
ジャンル
日本画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP