MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画

DIC川村記念美術館

 

フェリーチェ・ベアト(1834※-1909)は、幕末から明治にかけて日本に滞在し、横浜を拠点に江戸や長崎などで風景や風俗を広く撮影しました。これらの写真は、在りし日の光景を今に伝えており、非常に魅力的です。

近代日本の視覚表現において写真は重要な役割を果たしました。油彩画の技術と写真術は幕末から明治にかけてともに伝えられますが、日本の洋画家たちは写真も参照しながら、風景を見いだし、構図を学び、芸術性の高い油彩画をつくりあげてゆきます。

本展は、当館所蔵の3冊のアルバムから写真約180点と、そこに見出される「人物」と「風景」という観点において、ほぼ同時期に日本において制作された洋画作品18点をあわせて紹介するものです。西欧から日本への視線と、それを受けて日本で生まれた芸術へと向かう視線を比較しながら、東西の文化の関わりを見つめなおす機会になればと考えています。

※ベアトの生年に関しては1825年あるいは1832年とする説もある。

開催場所
DIC川村記念美術館
開催期間
2017/09/09~2017/12/03
休催日
月曜(ただし9月18日、10月9日は開館)、9月19日(火)、10月10日(火)
開催時間
午前9時30分-午後5時
(入館は午後4時30分まで)
料金
一般 1,300円
学生・65歳以上 1,100円
小中学生・高校生 600円
主催
DIC株式会社
公式サイト
http://kawamura-museum.dic.co.jp/index.html
ジャンル
写真





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP