MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



茶の湯のうつわ ―和漢の世界

出光美術館

 

桃山時代に千利休らによって完成した茶の湯の世界は、江戸時代に入ると大名茶人による新たな茶の湯の方向性が生みだされ、さらに江戸時代後期には煎茶も流行します。これらの茶の湯の世界を彩ったのが京焼、国焼や肥前磁器です。また大名道具として唐物も重宝されました。つまりそこには和と漢の世界が融合しながら、茶の湯の美意識が成立しているのです。本展では、江戸時代の茶人が好んだうつわの美とその変遷をお楽しみいただきます。

開催場所
出光美術館
開催期間
2017/04/15~2017/06/04
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
毎週金曜日は午後7時まで(入館は午後6時30分まで)
料金
一般1000円、高大生700円、中学生以下無料
公式サイト
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/
お問い合わせ
03-5777-8600(ハローダイヤル)
ジャンル
工芸





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP