MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



開館120周年記念特別展覧会 海北友松

京都国立博物館

 

海北友松(1533~1615)は狩野永徳や長谷川等伯と並び称される桃山画壇の巨匠です。近江浅井家の家臣の家に生まれた彼は、若年を東福寺で過ごしましたが、主家や兄たちが信長に滅ぼされるに及び、還俗して狩野派の門を敲き、画の道に進んだと伝えられています。いま遺る作品のほとんどは狩野派から独立して以後の晩年期(60歳以降)のものですが、鋭い筆遣いが駆使された気迫溢れる水墨画や詩情豊かな大和絵金碧画などは、ほかの誰の作とも似ていない、まさに友松ならではのものといえましょう。この展覧会では、晩年期の代表作はもとより、数少ない初期作や新発見・初公開の作品、さらに諸人との幅広い交流の跡を物語る書状や文書類などを数多く展示し、83年にわたる友松の生涯を振り返ります。

開催場所
京都国立博物館
開催期間
2017/04/11~2017/05/21
休催日
月曜日
開催時間
午前9時30分から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
※会期中の毎週金・土曜日は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
料金
一般1,500円、大学生1,200円、高校生900円、中学生以下無料
主催
京都国立博物館、毎日新聞社、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿
公式サイト
http://yusho2017.jp/
お問い合わせ
075-525-2473(テレホンサービス)
ジャンル
日本画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP