MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



茶の湯の名品
―破格の美・即翁の眼

畠山記念館

 

今回は、当館の創設者畠山即翁の茶道具コレクションから、誰もが認める極め付きの逸品を紹介するとともに、「重文 伊賀花入 銘 からたち」や「重文 志野水指 銘 古岸」など、破格な造形に特徴がある桃山茶陶をご覧いただきます。また、生前の即翁が当館の展観で披露した茶道具の取り合わせを再現してご覧いただきます。近代最後の数寄者といわれた畠山即翁が愛した品を通して茶の湯の今を考える機会となれば幸いです。期間中「重文 竹林七賢図屏風 雪村周継筆」を特別展示いたします。

開催場所
畠山記念館
開催期間
2017/04/08~2017/06/18
休催日
毎週月曜日、5月12日(金)
開催時間
午前10時~午後5時(入館は午後4時半まで)
料金
一般700円(600円)
大学生・高校生500円(400円)
(   )内は20名以上の団体料金
※中学生以下無料(ただし保護者の同伴が必要です)
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は100円引です
主催
畠山記念館
公式サイト
http://www.ebara.co.jp/csr/hatakeyama/
お問い合わせ
03-3447-5787
ジャンル
工芸 東洋絵画(日本を除く) 日本画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP