MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



鉄斎・暁斎と肥前の染付

東京黎明アートルーム

 

絵画作品4点を1階に展示します。

「緑陰煮茗図」、「松陰煎茶図」(ともに富岡鉄斎筆)、「飲中八仙図」(河鍋暁斎筆)、そして「羅漢十六図」(藤本鉄石筆)。

明治・大正期に活躍した鉄斎(1837-1924)は日本最後の文人と謳われています。暁斎(1831-1889)は抜群の写生力・筆力できわだった作品を描いた絵師。幕末から明治にかけて活躍しました。鉄斎の「緑陰煮茗図」と「松陰煎茶図」は、人里はなれた山中でおだやかに楽しいひとときをすごす高士達を描いた作品。
一方、暁斎の「飲中八仙図」はお酒にのまれる八人の酒豪をやさしいまなざしで描いた一幅です。
もう一人の絵師・鉄石(1816-1863)は岡山藩を脱藩し京都で絵師として名をなした人物ですが、幕末の志士として非業の最期をむかえます。鉄斎は青年期に鉄石と親交があったようです。
そのほか肥前の染付4作品、伊万里・古九谷様式3作品、家形の埴輪も展示します。


2Fには伊万里・柿右衛門様式の婦人坐像と鍋島の牛形香炉をならべて展示します。絵画作品は「百人一首画帳」(住吉具慶筆)です。
常設展示している日本の陶磁器19点、アジアの仏教彫刻8点、そして岡田茂吉作品。
皆様のご来室を心よりお待ちしています。

開催場所
東京黎明アートルーム
開催期間
2017/01/10~2017/01/25
休催日
15日(日)は休室
開催時間
10:00~16:30
料金
一般 400円
20歳未満は無料
主催
東京黎明アートルーム
公式サイト
http://www.museum-art.torek.jp/
お問い合わせ
03-3369-1868
ジャンル
工芸 日本画 彫刻





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP