MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



青森県立美術館開館10周年記念 「オドロイテモ、おどろききれない 森羅万象:棟方志功とその時代」展

青森県立美術館

 

本展は西洋近代美術の受容、日本美術の伝統、郷土青森をはじめとする東北の民族的文化を強烈な個性のうちに融合させた棟方志功の芸術を、代表的な作品を網羅して紹介すると共に、彼が吸収し、影響を受けた同時代の芸術家達の作品や、棟方志功が版画部門のグランプリを受賞した1956年のヴェネチア・ビエンナーレの出品作品、同時に出品された他の日本人作家の作品とともに紹介し、現代における「世界のムナカタ」の意義を提示します。
オドロイテモ、おどろききれない・・・青森市に生まれた世界的板画家、棟方志功。その力強い線で彫られた板画は、没後40年を過ぎた現在も、新鮮な驚きと共に、私たちを魅了し続けています。
青森県立美術館開館10周年記念展の第一弾は、棟方志功をとりあげます。青森市の鍛冶職人の息子として生まれた棟方が、いかにして「世界のムナカタ」となったのか。本展では棟方志功がゴッホの向日葵の口絵を見て画家を志ざすきっかけとなった雑誌「白樺」とその周辺の洋画家たちの作品に始まり、棟方が愛蔵してきた、彼を世に出した民藝運動の作家たちによる陶芸作品の展示、国際版画大賞を受賞、世界的な評価を確立した1956年のヴェネツィア・ビエンナーレの再現展示など、棟方志功の生涯と代表作を、彼をとりまく同時代の美術と共に展示するというこれまでにない切り口で、棟方志功の全貌に迫ります。棟方志功作品は代表的な大作を中心に約100点、その他近現代の作家達の作品約50点に加え、小説『鍵』の挿絵等をめぐる谷崎潤一郎との書簡など、初公開の資料も展示されます。
幅約13メートルの最大の板画「大世界の柵」をはじめとする大作の青森県立美術館の広大な空間へのダイナミックな展開や、「縄文と棟方志功」のコーナーなど、青森県立美術館ならではの特徴あふれる展示により、本展は、新たな驚きとともに、棟方志功の尽きせぬ魅力を伝える展覧会となるでしょう。

開催場所
青森県立美術館
開催期間
2016/04/16~2016/06/05
休催日
4月25日、5月9日、5月23日
開催時間
5月31日まで/9:30-17:00(入館は16:30まで)
6月1日以降/9:00-18:00(入館は17:30まで)
料金
一般1,300円、高大生800円、小中学生以下無料
公式サイト
http://www.aomori-museum.jp/
お問い合わせ
017-783-3000
ジャンル
洋画・水彩・素描・版画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP