MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



特別展「東山魁夷 自然と人、そして町」

九州国立博物館

 

戦後の日本画、なかでも風景画に新境地を開いた東山魁夷 ひがしやまかいい(1908~1999年)。彼は徹底した自然観察をもとに、内面的深さを感じさせる静謐な風景を生涯描き続けました。本展では、画家の代表作である《道》(1950年)や《緑響く》(1982年)にくわえ、ヨーロッパや京都の古都の面影を描いた風景画など、約80件にのぼる名品の数々を通して、「国民画家」と呼ばれた東山魁夷の画業の全貌をたどります。
本展のハイライトは、東山魁夷の最高傑作で、構想から完成までに10年を要した、奈良・唐招提寺御影堂の障壁画(襖絵全68面と床の間の絵)です。総延長76mにも及ぶこの大画面には、奈良・唐招提寺の開祖となった唐の高僧・鑑真和上のふるさと中国と、鑑真がさまざまな苦難の末にたどり着いた日本の風景が描かれています。御影堂(1649年建立の寝殿造。重要文化財)の障壁画は、毎年数日間のみ公開されてきましたが、このたびの御影堂修理により今後数年間は唐招提寺でも見られません。本展では、御影堂内部をほぼそのままに再現するため、この東山魁夷の記念碑的大作を間近に見ることができる、貴重な機会です。

開催場所
九州国立博物館
開催期間
2016/07/16~2016/08/28
休催日
月曜日(7月18日、8月15日は開館)、7月19日
開催時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分)
料金
一般1,600円、高大生1,000円、小中生600円
主催
九州国立博物館・福岡県、西日本新聞社、TVQ九州放送、日本経済新聞社
公式サイト
http://www.kyuhaku.jp/
お問い合わせ
050-5542-8600(NTTハローダイヤル)
ジャンル
日本画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP