MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



クラーナハ展―500年後の誘惑

国立西洋美術館

 

ルカス・クラーナハ(父 1472-1553年)は、ヴィッテンベルクの宮廷画家として名を馳せた、ドイツ・ルネサンスを代表する芸術家のひとりです。ザクセン選帝侯に仕えながら大型の工房を構え、息子のルカス・クラーナハ(子)らとの協同作業によって絵画の大量生産を行なったこの画家には、時代に先駆けるビジネス感覚が備わっていました。また、マルティン・ルターと親しい間柄にあった彼は、絵画や版画によってプロテスタントの思想を広めるなど、宗教改革にも貢献したことでも知られています。
そして、クラーナハの名を何よりも忘れがたいものにしているのは、ヴィーナスやルクレティア、ユディトやサロメといった歴史=物語上のヒロインたちを、艶っぽくも醒めた、淫らでありながら軽妙な、特異というほかないエロティシズムで描きだした一連の絵画です。それら「誘惑するイメージ」とでも形容すべき絵画群は、時代を超えて、見る者の欲望をきわどく刺激します。事実、そうしたクラーナハの作品は、とくに20世紀の表現主義やシュルレアリスム以降のアーティストたちを、強く惹きつけてきました
日本初のクラーナハ展となる本展では、そんな画家の芸術の全貌を、当時のドイツの思想や文化、社会や政治の状況などと併せて読み解き、さらには彼の死後、近現代におけるその影響にも迫ります。

開催場所
国立西洋美術館
開催期間
2016/10/15~2017/01/15
休催日
月曜日(ただし、1月2日は開館)、12月28日~1月1日
開催時間
午前9時30分~午後5時30分(金曜日は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで
料金
一般1600円、大学生1200円、高校生800円、中学生以下無料
主催
国立西洋美術館、ウィーン美術史美術館、TBS、朝日新聞社
公式サイト
http://www.tbs.co.jp/vienna2016/
お問い合わせ
03-5777-8600(ハローダイヤル)
ジャンル
西洋絵画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP