MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



志村ふくみ ―母衣への回帰―

京都国立近代美術館

 

現代日本の染織分野に独自の世界を展開する志村ふくみは、大正13年(1924)に滋賀県近江八幡市に生まれ、母・小野豊の影響で、織物を始めました。昭和32年(1957)の第4回日本伝統工芸展に初出品で入選し、その後も受賞を重ねます。そして、平成2年(1990)には、紬織の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。
草木からの自然染料で染められた糸によって織りあげられた作品は、多くの人を魅了し、国際的にも高く評価されています。「民衆の知恵の結晶である紬の創作を通して、自然との共生という人間にとって根源的な価値観を思索し続ける芸術家」として、平成26年(2014)に第30回京都賞(思想・芸術部門)を受賞し、平成27年(2015)には文化勲章を受章しました。
本展では、代表作を中心に、初期の作品から最新作までを一堂に展示することで、60年におよぶ創作の歩みを紹介するとともに、志村ふくみの魅力とその芸術の核心に迫ります。

開催場所
京都国立近代美術館
開催期間
2016/02/02~2016/03/21
休催日
月曜日(3月21日は開館)
開催時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金
一般900円、大学生500円、高校生・18歳未満無料
主催
京都国立近代美術館、京都新聞
公式サイト
http://www.momak.go.jp/
お問い合わせ
075-761-4111
ジャンル
工芸 インスタレーション





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP