MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



美術は語られる-評論家・中原佑介の眼-

DIC川村記念美術館

 

美術館のコレクションはどような基準で収蔵され、展示構成されるのでしょうか。その基準こそ美術館のポリシーでありアイデンティですが、同時代および同じ領域における共通の基盤というべきものも存在しています。の基盤はジャーナリズム、マーケット、研究者そして国内外の美術館活動など様々な要因が密接に関わりあいながら形成されていく美術史観だといえるでしょう。
本展は、ひとりの美術評論家の仕事から、主に1960~70年代の美術がそのように日本で紹介され、評価されてきたのかを、同館所蔵作家を中心に振り返ろうとする試みです。
中原佑介( 1931~2011)は、戦後日本を代表する美術評論家のひとりです。理論物理学を学んだ京都大学理学部在学中に『美術批評』誌の評論募集(1955)で一席に選ばれて評論活動を開始しました。前衛作家を支持し、理論的な評論を多数手がけて長く第一線で活躍しながら、「不在の部屋展」(1963)、「人間と物質展」(1970)など展覧会企画においても功績を残しました。
中原は国内外の多くの前衛作家たちと交流し、彼らに関する評論文を書きました。美術評論家は画廊などの展覧会リーフレット、雑誌記事、画集、美術館の展覧会カタログ、さらには自身の著作などさまざまなメディアに文章を発表します。それらは時を重ねながら社会性を強め、作家の評価をかたちづくる要因となります。作り手が制作を重ね、自他ともに認める地歩を築く過程に、評論家の仕事もあると言えるのではないでしょうか。
同館コレクションには、中原と交友をもった作家、評された作家たちの作品が数多く含まれています。本展では、所蔵の現代美術作品を中原の視点からとらえ直し、当時の出版物などの一部を紹介するとともに、彼の元に残された小品のコレクションから約40点を選んで、共に展観します。

開催場所
DIC川村記念美術館
開催期間
2016/02/11~2016/04/10
休催日
月曜(ただし3/21は開館)、3/22
開催時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金
一般1,000円、学生・65歳以上800円、小中学生・高校生600円
主催
DIC株式会社
公式サイト
http://kawamura-museum.dic.co.jp/
お問い合わせ
0120-498-130
ジャンル
現代





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP