MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



特別展 黄金のアフガニスタン―守りぬかれたシルクロードの秘宝―

東京国立博物館

 

アフガニスタンは古くから「文明の十字路」といわれるように、さまざまな地域から人々が集まり、多彩な文化が華開いた地域です。そこでの人々の営みは、悠久の歴史が刻まれた数々の遺跡や遺物が雄弁に物語っています。
本展では、紀元前2100年頃から紀元後3世紀頃までに古代のアフガニスタンで栄えた文化を、4つの遺跡から出土した名宝によってご紹介します。なかでもアフガニスタン北部のティリヤ・テペから出土した煌びやかな黄金製品の数々は日本初公開で、その輝きは多くの人々を魅了することでしょう。
これらの名宝は、首都カブールにあるアフガニスタン国立博物館に所蔵されていました。しかし、1979年のソ連の軍事介入とそれに続く内戦などにより、博物館は甚大な被害を受け、その収蔵品の多くは永遠に失われてしまったと考えられてきました。しかし、国の宝を守ろうとした勇気ある博物館員は、とりわけ貴重な文化財を秘密裏に運び出していたのです。そして内戦終結後、2004年4月、秘宝を大切に保管していた金庫の扉が再び開かれました。
本展はこれらの秘宝の再発見を機に、アフガニスタンの文化遺産の復興を支援するために企画された国際巡回展です。2006年のフランスのギメ国立東洋美術館での開催以来、アメリカのナショナル・ギャラリーやメトロポリタン美術館、イギリスの大英博物館など、世界10カ国を巡回し、すでに170万人以上が来場しています。
日本での展覧会では、この奇跡的に守られた古代アフガニスタンの至宝231件に加え、日本で「文化財難民」として保護されてきた流出文化財15件を合わせてご紹介します。なお、この15件を含むアフガニスタンからの流出文化財102件は、この展覧会終了後、アフガニスタンに返還されます。

開催場所
東京国立博物館
開催期間
2016/04/12~2016/06/19
休催日
月曜日 ※5月2日は開館
開催時間
午前9時30分~午後5時(土・日・祝日および5月2日は午後6時まで、金曜日は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで
料金
一般1,400円、大学生1,200円、高校生600円、中学生以下無料
主催
東京国立博物館/アフガニスタン・イスラム共和国情報文化省/産経新聞社/フジテレビジョン
公式サイト
http://www.gold-afghan.jp
お問い合わせ
03-5777-8600(ハローダイヤル)
ジャンル
工芸 歴史





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP