MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



企画展 ミュシャが旅した世界

堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

 

 アール・ヌーヴォーの代表的な芸術家としてパリでの活躍がよく知られているアルフォンス・ミュシャ(1860-1939)ですが、実は生涯にわたりさまざまな土地で創作活動を行っています。画家を志し、生まれ故郷のチェコを飛び出した後はウィーンの舞台装置工房で働いたり、ミュンヘンの画塾で絵画の技術を学んだりする日々を送りました。そしてパリに出てからは商業ポスターの分野で脚光を浴び、一躍その名を轟かせることとなります。また晩年は祖国のために創作活動に励むことを決意し、そのための資金作りでアメリカへ渡るなど、ミュシャの人生にはさまざまな場所への「旅」がありました。
 ミュシャがその旅のなかで出会った人々は、制作した作品は、そして旅した世界はどのようなものだったのでしょうか。
 本展覧会ではミュシャが長期間滞在し、作品を制作したフランス、アメリカ、チェコを中心にミュシャが訪れた地とそこで生まれた作品をご紹介します。

開催場所
堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
開催期間
2015/11/14~2016/03/06
休催日
月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日(11月24日、12月24日、1月12日、2月12日)、展示替臨時休館日(1月13日、1月14日)、年末年始(12月29日~1月3日)
開催時間
午前9時30分~午後5時15分(入館は午後4時30分まで)
料金
一般500円(400円)
高校生・大学生300円(240円)
小学生・中学生100円(80円)
※( )内は20人以上100人未満の団体料金
※小学生未満・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は無料(証明できるものをご提示ください)
主催
公益財団法人 堺市文化振興財団
堺市立文化館 堺 アルフォンスミュシャ館
公式サイト
http://mucha.sakai-bunshin.com
お問い合わせ
TEL/072-222-5533
ジャンル
西洋絵画 デザイン 19世紀





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP