MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



MIHO MUSEUM所蔵 琳派のやきもの 乾山

細見美術館

 

尾形乾山は、尾形光琳の実弟で、江戸時代を代表する陶芸家として知られます。乾山は京焼の伝統を踏まえながら、広く作陶活動を展開し、琳派のデザイン性を取り入れた大胆な意匠は独創的な乾山様式として人気を博しました。本展ではMIHO MUSEUMの所蔵する乾山焼の優品を一堂に展示します。
400年に及ぶ琳派の流れの中でも独自の「やきもの」を以て一際ユニークな存在となった乾山。
自由で文人的ともいえるその作風は、陶芸の世界における琳派の豊かな芸術性を示すとともに、18世紀に大きな飛躍を遂げた京都の町衆文化の象徴とも位置付けられましょう。

開催場所
細見美術館
開催期間
2015/09/19~2015/11/23
休催日
月曜日(祝日の場合はその翌平日)
開催時間
午前10時~午後6時(入館は5時30分まで)
料金
一般1100円、学生800円
公式サイト
http://www.emuseum.or.jp/
ジャンル
工芸





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP