MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



琳派四百年 古今展 ―細見コレクションと京の現代美術作家―

細見美術館

 

日本の文化・芸術を創造し、発信し続けてきた京都。優れた技術と煌めく美意識とが結集する芸術都市として歴史を刻んできました。
2015年は、琳派の祖とされる本阿弥光悦が洛北の鷹峯を拝領してから400年にあたります。細見美術館では、これを機に「琳派四百年 古今展―細見コレクションと京の現代美術作家―」を開催。
本展は、「陶」の新たな世界を追求する近藤髙広(1958年生まれ)、多義的な表現活動を行う名和晃平(1975年生まれ)、独自の「ニッポン画」を展開する山本太郎(1974年生まれ)、京都ゆかりの3人の現代美術作家の作品と、作家が選んだ琳派作品をはじめとする細見コレクションとの共演展となります。

開催場所
細見美術館
開催期間
2015/05/23~2015/07/12
休催日
月曜日(祝日の場合は開館し翌日休館)
開催時間
午前10時~午後6時(入館は30分前まで)
料金
一般1100円、学生800円
公式サイト
http://www.emuseum.or.jp/index.html
お問い合わせ
075-752-5555
ジャンル
日本画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP