MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



自然と都市 印象派からエコール・ド・パリまで

ポーラ美術館

 

私たちを取り巻く自然と都市の風景は、古くから多くの画家たちの手によって様々な姿に描かれてきました。19世紀後半から、近代化とともに変容する美意識は、こうした風景との新たな関わり方を生み出します。クールベは粗野な風景に、モネは移り変わる光という、ありのままの自然の姿に主題を求め、ゴーガンは未開のタヒチに、ルノワールやボナールは地中海の強い陽光が照らす南仏に魅せられ、自然の姿に理想を投影した世界を描き出しています。
また、シャガールがかつて過ごした思い出の地を舞台に数多くの作品を制作したように、都市や町の風景は、歴史や個人の記憶と深く結びつき、画家たちの想いを語りかけてくれます。その中でも19世紀後半に新たに造り変えられ、多くのモニュメンタルな建造物を擁するパリは、芸術の都としての求心力を増し、多くの芸術家たちを惹きつけます。特に20世紀のはじめにモディリアーニやパスキンなどフランス国外から集った芸術家たちは、この都市でエコール・ド・パリ(パリ派)という動向を形成しました。
本展覧会は、ポーラ美術館の西洋絵画コレクションの中から、自然と都市の風景を描いた画家たちの作品を取り上げ、それぞれの表現の中に込められた想いを明らかにする試みです。

開催場所
ポーラ美術館
開催期間
2015/10/03~2016/03/13
休催日
無休
開催時間
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金
大人1,800円、シニア割引(65歳以上)1,600円、大学・高校生1,300円、中・小学生700円 
公式サイト
http://www.polamuseum.or.jp/
お問い合わせ
0460-84-2111
ジャンル
西洋絵画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP