MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



絵の住処 -作品が暮らす11の部屋-

DIC川村記念美術館

 

DIC川村記念美術館の展示室には、雰囲気の異なる11の部屋があります。所蔵作品にあわせ、大きさや意匠を変え設計したためです。
印象派をはじめとするヨーロッパ近代絵画の部屋は天井がアーチ型で床はカーペット敷き、居間のような親しみと雰囲気のある空間を意識してつくられました。一番小さな展示室には17世紀オランダを代表する巨匠レンブラント・ファン・レインが描いた肖像画を一点だけ。白い壁がすっきりとしたモダンな空間には20世紀初頭の抽象絵画を配し、シュルレアリスムやダダなどの作品には床と壁面をグレーで統一した内向的な部屋を設えています。
グループで見せる部屋のみならず、アーティスト一人に捧げられた展示空間はより作品に合わせた設計がなされています。フランク・ステラの大型作品群には、大きな壁面と広い床面積が特徴の自然光が入る板張りの大空間が用意され、さながら作家の制作スタジオで初期から近年までの作品を一気に体験するかのようです。また当館のコレクションを代表するマーク・ロスコの連作「シーグラム壁画」(計7点)の部屋は、一つの壁に一枚の作品が展示できるよう変形七角形に設計されており、壁のコーナーをアール状にして直線的な要素を排除することで、赤い作品群が壁のように空間を包む効果が企図されています。
こうしたオーダーメイドの展示空間は、作品の魅力を十分に引き出し、見る人と作品を緩やかに結び合わせる最適な場となっています。本展では各展示室を巡りながら、あらためて作品と空間のしなやかな関係に注目します。
会期中は、作品や建物にまつわるギャラリー・トークや講演会をシリーズで開催予定。

開催場所
DIC川村記念美術館
開催期間
2015/05/26~2016/01/11
休催日
月曜 (ただし7/20, 9/21, 10/12, 11/23, 1/11は開館)、7/21(火), 9/24(木), 10/13(火), 11/24(火), 12/23(火)-1/1(金)
開催時間
午前9時30分-午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金
一般1,000円、学生・65歳以上800円、小中学生・高校生600円
主催
DIC株式会社
公式サイト
http://kawamura-museum.dic.co.jp/index.html
お問い合わせ
0120-498-130
ジャンル
西洋絵画 彫刻 現代





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP