MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家

国立西洋美術館

 

グエルチーノ (1591-1666年) はイタリア・バロック美術を代表する画家として知られます。カラヴァッジョやカラッチ一族によって幕が開けられたバロック美術を発展させました。一方、彼はアカデミックな画法の基礎を築いた一人でもあり、かつてはイタリア美術史における最も著名な画家に数えられました。19世紀半ば、美術が新たな価値観を表現し始めると、否定され忘れられてしまいましたが、20世紀半ば以降、再評価の試みが続けられており、特に近年ではイタリアを中心に、大きな展覧会がいくつも開催されています。国立西洋美術館もグエルチーノの油彩画を1点所蔵していますが、今回はこの知られざる画家の全貌を、約40点の油彩画によってお見せします。わが国初のグエルチーノ展です。
出品作品の多くはチェント市立絵画館からお借りします。実はチェントは2012年5月に地震に襲われ、大きな被害を受けました。絵画館はいまもって閉館したままで、復旧のめども立っていません。本展は震災復興事業でもあり、収益の一部は絵画館の復興に充てられます。

開催場所
国立西洋美術館
開催期間
2015/03/03~2015/05/31
休催日
月曜日(3月30日、5月4日、18日)
開催時間
9:30~17:30(金曜日は20:00まで)
※入館は閉館30分前まで
料金
一般1500円、大学生1300円、高校生800円
主催
国立西洋美術館、ボローニャ文化財・美術館特別監査局、チェント市、TBS
公式サイト
http://www.tbs.co.jp/guercino2015/
お問い合わせ
03-5777-8600
ジャンル
西洋絵画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP