MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



MAMプロジェクト022:ヤコブ・キルケゴール

森美術館

 

 ヤコブ・キルケゴール(1975年デンマーク生まれ)は、人間の聴覚をテーマにサウンド・インスタレーション、作曲、パフォーマンスなどの手法を用いて表現するアーティストです。音や振動をその場所のエネルギーとしてとらえ、間欠泉、砂漠、氷山、廃墟から、人間の耳の内膜まで、通常では踏み入ることのできない場所の音を顕在化し、その体感を通して世界を捉え直すことを私たちに促します。
 2005年以降、欧米を中心に世界各国で作品を発表しており、なかでもチェルノブイリの立ち入り禁止区域を取材した代表作《アイオン(永遠)》(2006年)は、ニューヨーク近代美術館での展示をはじめ、数多くの展覧会で紹介されています。日本では「あいちトリエンナーレ2010」で、オマーン砂漠の「泣き砂」を撮ったサウンド・ビデオ・インスタレーション《サブレーション(砂漠化)》(2010年)を発表し、注目を集めました。
 本展のための新作《スティグマ(徴しるし)》(2014年)は、《アイオン(永遠)》に続く作品として、福島の自然をテーマに制作されたサウンド・ビデオ・インスタレーションです。山水画の掛け軸に着想を得た、高さ約5メートルの縦長画面いっぱいに映る美しい風景に、その場所の音と振動、「フクシマ」の記憶とが重なり合い、私たちが抱く自然観に揺さぶりをかけます。

開催場所
森美術館
開催期間
2014/09/20~2015/01/04
休催日
無休
開催時間
月・水~日曜日10:00~22:00
火曜日(祝日を除く) 10:00~17:00
※いずれも最終入館時間は閉館の30分前まで
料金
一般1500円、学生(高校・大学生)1000円、子供(4歳~中学生)500円
主催
森美術館
公式サイト
http://www.mori.art.museum/
お問い合わせ
03-5777-8600
ジャンル
インスタレーション 現代





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP