MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



夢見るフランス絵画
印象派からエコール・ド・パリへ

Bunkamura ザ・ミュージアム

 

第一次世界大戦前の繁栄を謳歌していた頃のフランスでは、美術の全く異なるふたつの切り口が顔を合わせていました。印象主義とエコール・ド・パリです。両者の背景として共通するのは、フランスの繁栄と社会の一応の安定があり、画家たちは自らの感性に忠実にその各々の目標に向かって邁進したことでした。そしてそれはいわば夢の実現でもあったのです。
 日本人が抱くフランスへの憧れの源泉には、おそらくこの国が長年にわたり文化芸術をリードしてきたことがあるでしょう。その象徴が「芸術の都パリ」の存在であり、絵画作品はその結晶なのです。日本の個人コレクションで構成される本展は、日本人にとって最もフランス的なるものである絵画を通じての日本人からフランスへのオマージュであるとともに、それを描いた画家たちの一人一人の夢を追体験する試みといえるでしょう。

開催場所
Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間
2014/10/18~2014/12/14
休催日
11月4日
開催時間
10:00~19:00
金・土は~21:00まで
(入館は閉館の30分前まで)
料金
一般1400円、大高生1000円、中小生700円
主催
Bunkamura、毎日新聞社
公式サイト
http://yumemiru2014.jp/
お問い合わせ
03-5777-8600 [ハローダイヤル]
ジャンル
西洋絵画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP