MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展
現代の芸術・ファッションの源泉 ピカソ、マティスを魅了した伝説のロシア・バレエ

国立新美術館

 

1909年にパリで鮮烈なデビューを果たしたバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)は、革新的なステージにより一世を風靡した伝説のバレエ団です。主宰者セルゲイ・ディアギレフ(1872-1929)の慧眼により、同バレエ団はワツラフ・ニジンスキー(1889-1950)をはじめとする伝説のバレエ・ダンサーや振付家に加え、20世紀を代表する作曲家ストラヴィンスキーら、数々の新しい才能を輩出しました。ロシアのエキゾティシズムとして人気を集めたバレエ・リュスは、やがてピカソやマティス、コクトー、ブラック、ローランサン、シャネルら、当時パリで活躍していた前衛の若手アーティストを取り込み、新しいスタイルの「総合芸術」として、バレエだけでなく美術やファッション、音楽の世界にも大きな影響を与えました。
本展では、オーストラリア国立美術館が有する世界屈指のバレエ・リュスのコスチューム・コレクション約145点を中心に、デザイン画や資料など、これまでにない規模でその魅力の全貌を紹介します。


レオン・バクスト「青神」の衣裳(《青神》より)1912年頃 オーストラリア国立美術館
Léon BAKST
Tunic from costume for the Blue God from the Ballets Russes' production of Le Dieu bleu (The Blue God), c.1912
National Gallery of Australia, Canberra

開催場所
国立新美術館
開催期間
2014/06/18~2014/09/01
休催日
火曜日 ※ただし、8月12日(火)は開館
開催時間
10:00~18:00 
金曜日、8月16日(土)、23日(土)、30日(土)は20:00まで
入場は閉館の30分前まで
料金
一般1500円、大学生1200円、高校生600円
主催
国立新美術館、TBS、オーストラリア国立美術館、読売新聞社
公式サイト
http://www.tbs.co.jp/balletsrusses2014/
お問い合わせ
03-5777-8600ハローダイヤル
ジャンル
工芸 デザイン





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP