MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



ボストン美術館 ミレー展
―傑作の数々と画家の真実

三菱一号館美術館

 

たくましく働く農民や自然の様子に温かいまなざしを向け、ありのままの姿を描いたジャン=フランソワ・ミレー(1814-1875)。ミレーはフランスのノルマンディー地方の農業を営む名家に生まれ、19歳で画家を志しシェブールで修業をはじめます。その後パリで画家として活躍した頃は、後にほとんど描かなくなる風俗画や裸婦像も手がけていました。1849年にパリ郊外のバルビゾン村に家族で移住しましたが、1850年代にボストン出身の画家がバルビゾンに定住し、ミレーの名品を母国に持ち帰ったことからミレー愛好熱が広まり、1880年代の終わりにはフランスを凌ぐほど優れた作品を市民が愛蔵、その多くがボストン美術館に所蔵されています。本展では、ミレー生誕200周年記念として、『ボストン美術館3大ミレー』といわれる《種をまく人》、《刈入れ人たちの休息(ルツとボアズ)》、《羊飼いの娘》など選りすぐりのミレーの作品を中心に、バルビゾン村で活動したコロー、ディアズ、ルソーらの作品、またミレーの影響を受けたクロード・モネをはじめとしたフランスの画家らの作品を取り上げます。

開催場所
三菱一号館美術館
開催期間
2014/10/17~2015/01/12
休催日
月曜日(祝日の場合は翌日休館)、年末年始(12月27日~1月1日)
開催時間
10時~18時
金曜日(祝日を除く)のみ 10時~20時
※いずれも最終入館は閉館30分前まで
料金
一般1600円、高大生1000円、小中生500円
主催
三菱一号館美術館、TBS、東京新聞、ボストン美術館
公式サイト
http://mimt.jp/millet
お問い合わせ
03-5777-8600
ジャンル
西洋絵画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP