MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



描かれたチャイナドレス─藤島武二から梅原龍三郎まで

ブリヂストン美術館

 

中国は、古代から近世にいたるまで、つねに日本をリードしてきたアジアの先進国でした。その日本は、明治維新以降、ヨーロッパに目を向け始めます。しかしそれでもなお、日本人の心から中国への憧憬や愛着をぬぐい去ることはできませんでした。
大正時代、日本で中国趣味がわきおこります。芥川龍之介や谷崎潤一郎らが中国をテーマにした小説を次々に発表します。同じように、美術でも中国ブームがあらわれました。油彩画の世界では、藤島武二が中国服を着た女性像を描き始めます。ツーリズムの発達によって渡航しやすくなったことから、児島虎次郎や三岸好太郎、藤田嗣治、梅原龍三郎らは、中国を実際に訪れて題材を見つけました。一方、興味深いことに、藤島や岸田劉生、安井曾太郎らは、日本にいて、日本女性に中国服を着せて描きます。そこには、ヨーロッパから学んだ油彩技法を用いて、日本人が描くべき題材を求め、東西文化の融合をめざした到達点の一つを見ることができます。
このテーマ展示は、1910年代から40年代にかけて日本人洋画家が描いた中国服の女性像約30点で構成されます。成熟していく日本洋画の展開をお楽しみください。

開催場所
ブリヂストン美術館
開催期間
2014/04/26~2014/07/21
休催日
月曜日(4/28、7/7、7/14、祝日の場合は開館)
開催時間
10:00~18:00
金曜日は20:00まで
※入館は閉館の30分前まで
料金
一般800円、シニア600円、大高生500円、中学生以下無料
主催
公益財団法人石橋財団 ブリヂストン美術館
公式サイト
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/
お問い合わせ
03-5777-8600ハローダイヤル
ジャンル
工芸 洋画・水彩・素描・版画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP