MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



カイユボット展―都市の印象派

ブリヂストン美術館

 

ギュスターヴ・カイユボット(1848–1894)はモネやルノワールとともに印象派を代表する画家で、1876年の第2回印象派展以降、5回にわたって印象派展に参加しました。その存在は、仲間の作品を購入することによって、経済的に彼らを支えたほか、印象派展の開催の継続などでも、仲間の意見調整や経済支援などをおこなった人物として知られています。しかし近年では、印象派の画家としての活動に関心が集まり、作品の再評価が進んでいます。すなわち、ドガと同様に、近代都市パリの新しい風俗や都市風景を光り溢れる繊細な筆致で描いた作品に関心が高まっているのです。本展は、印象派を中心とするコレクションを美術館の中核にすえるブリヂストン美術館が、開館以来半世紀を経て、印象派の代表的な画家であるギュスターヴ・カイユボットを日本において初めて紹介しようとするものです。

開催場所
ブリヂストン美術館
開催期間
2013/10/10~2013/12/29
休催日
月曜日※12月16日、祝日は開館
開催時間
10:00~18:00
金曜日は20:00まで
※入館は閉館の30分前まで
料金
一般1500円、シニア1300円、大高生1000円
主催
公益財団法人石橋財団ブリヂストン美術館
公式サイト
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/caillebotte/
お問い合わせ
03-5777-8600ハローダイヤル
ジャンル
西洋絵画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP