MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」

EVENT展覧会情報



モーリス・ドニ
―いのちの輝き、子どものいる風景―

北九州市立美術館

 

19世紀フランス象徴派を代表する画家であり、日本でも人気が高いモーリス・ドニ(1870-1943)。17歳でパリの美術学校に入学したドニは、そこで知り合った友人たちと新しい芸術を追求しはじめます。自然を模倣するだけでなく、純粋な色彩と単純な形態によって人間の心の奥深くを描こうとしたゴーギャンの影響を受け、彼らは「ナビ派」(ヘブライ語で「預言者」の意)と呼ばれるグループを結成しました。
ナビ派が解散した後も、ドニは独自の感覚で古典的な美しさを追求し、芸術と信仰が調和する情熱的な作品をつくりあげました。自らも敬虔なカトリック信者であったドニは、優美な曲線と神秘的な色彩によって、平和で幸福なイメージを身近な光景のなかに描き込みました。
神話や聖書の場面を多く描いているドニですが、実際には「家族」や「子ども」が重要なテーマであったことが、近年指摘されています。パリ郊外の自宅や、ブルターニュでのヴァカンス、海外旅行まで、あらゆる場面でドニは愛する子どもたちを描きました。ある時は神話や聖書の物語のなかに、ある時は装飾画のなかにも、その姿を発見できるのです。ドニにとって「子ども」という存在は、家族の枠組みをこえた「生」の象徴であったといえるでしょう。
本展は、描かれたドニの家族や子どもたちの成長をたどることで、その芸術の全貌を再考する日本で初めての試みです。フランス内外の美術館、ドニの子孫が大切に所蔵してきた作品など、世界初公開作品を含む約100点を展示します。

開催場所
北九州市立美術館
開催期間
2011/06/25~2011/08/28
休催日
月曜日(ただし7月18日(月・祝)は開館し、翌19日(火)休館)
開催時間
9:30~17:30(入館は17:00まで)
料金
一般:1000(800)円、高大生:600(400)円、小中生:400(300)円
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。
主催
北九州市立美術館、NHK北九州放送局、NHKプラネット九州、西日本新聞社
公式サイト
http://kmma.jp/
お問い合わせ
TEL:093-882-7777 FAX:093-861-0959
ジャンル
西洋絵画





口コミ情報

口コミ投稿は現在ありません。
  • 投稿する





  • ↑ PAGE TOP