MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」


4月~5月に東京都美術館で開催された『生誕300年 若冲展』の大ヒットが話題になったことも記憶に新しいように、近年勢いを増す日本美術の人気。しかし、これまで美術館に出かけて出会える作品といえば、西洋絵画のイメージが強い…という方も多いのでは。この夏に国立新美術館で開催された『ルノワール展』も、珠玉の西洋絵画にどっぷりと浸れる、これぞ美術展!という素敵なものでした。

毎年、多くの展覧会が開催されるなかで、なかなか足を運ぶ機会がないけれど、とても魅力的な作品が展示されている…、構成が素晴らしい…そんな西洋美術の展覧会をもっと盛り上げていきたいという思いから、「西洋美術の良さを知ってもらいたい」をキーワードに、“西洋美術応援団”を発足する準備を進めております。

三菱一号館美術館の立ち上げ時より館長として活躍している高橋明也氏を“幹事長”として発足する、西洋美術応援団の今後にぜひご注目ください!

今回、その活動のプレイベントとして、日本美術応援団団長として、近年開催の展覧会を盛り上げる山下裕二氏をお招きしてのトークイベントを開催します。

みなさん、日本美術と西洋美術の専門家ふたりが揃うなら、やはり聞いてみたいのは「ほんとのところ、どっちがおもしろいの?」という素朴なギモン。
今回のトークイベントのテーマは、『西洋美術 VS 日本美術 十番勝負』! それぞれの魅力を10テーマで真剣勝負してもらいます。若冲やフェルメール、ダ・ヴィンチに雪舟……有名な作家や名作はもちろん、個人的趣味のマニアックなものまで、おふたりの美術愛が詰まったテーマでお送りします。
美術ファン必見のトークバトルです!

 

高橋明也

三菱一号館美術館館長。1953年東京生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。1984~86年文部省在外研究員としてオルセー美術館開館準備室に在籍。国立西洋美術館学芸課長を経て、2006年より現職。2010年フランス芸術文化勲章シュヴァリエ受章。近著に、『もっと知りたい マネ 生涯と作品』、『美術館の舞台裏―魅せる展覧会をつくるには』)、『かわいい印象派』など。

 

山下裕二

美術史家。1958年広島県生まれ。東京大学大学院修了。明治学院大学文学部芸術学科教授。企画監修した展覧会に「ZENGA展」「雪村展」「五百羅漢展」「白隠展」「超絶技巧!明治工芸の粋」など。著書に『室町絵画の残像』『岡本太郎宣言』『日本美術の二〇世紀』、『狩野一信・五百羅漢図』『一夜漬け日本美術史』など。『日本美術全集』(全20巻)編集委員を務める。

 

鈴木芳雄(モデレーター)

編集者・美術ジャーナリスト。愛知県立芸術大学客員教授。マガジンハウスでポパイ編集部、アンアン編集部などに在籍。2001年~2010年3月、雑誌ブルータス副編集長。主に美術の特集などを担当。




日程  2016年10月27日(木)19:00~20:30 (受付開始18:30)

会場  京都造形芸術大学 東京・外苑キャンパス(東京都港区北青山1-7-15)

アクセス  JR総武線「信濃町駅」より徒歩約5分、東京メトロ・都営地下鉄「青山一丁目駅」より徒歩約10分 地図はこちら

スピーカー   西洋美術応援団幹事長・高橋明也(三菱一号館美術館館長)
        日本美術応援団団長・山下裕二(日本美術史家)
モデレーター  鈴木芳雄(編集者・美術ジャーナリスト)


定員  120席(立見不可/事前チケット購入者に限る)
※チケットは完売しました

料金  1,500円(税込)





9月30日(金)よりチケット販売サイト『PassMe!』にて販売開始します。
※『PassMe!』のご利用はPassMe! 無料会員への登録が必要となります。
※ご購入はクレジットカード決済、PayPalのみとなります。
※『PassMe!』はスマートフォン専用のチケットサービスですが、スマートフォンをお持ちでない方も購入が可能です。チケット購入希望の場合は、下記お問い合わせまでご連絡ください。

※チケットは完売しました

■お問い合わせ
株式会社廣済堂 事業企画室 ミュージアムカフェ事務局
〒108-0014 東京都港区芝4-7-8 芝サンエスワカマツビル9階
event@museum-cafe.com








↑ PAGE TOP