MENU

MuseumCafe/ミュージアムカフェ

博物館・美術館情報サイト「ミュージアムカフェ」


日本でも人気の高い、17世紀オランダを代表する画家、ヨハネス・フェルメール。現存するフェルメールの作品は30数点といわれており、近年フェルメール作品の来日ラッシュとなっています。日本人にとっても馴染みのある作家といえるフェルメールですが、「フェルメールの全作品を観てみたい」と思っている美術ファンの方も多いはず……。そんな期待に応え、2012年にスタートした美術イベントが『フェルメール 光の王国展』でした。

数年前から、フェルメールに魅せられ4年に渡って可能な限りのフェルメール作品と対峙してきた生物学者の福岡伸一氏が企画した本イベント。フェルメール・センター銀座を皮切りに、2013年は全国へ巡回しています。オランダ・デルフトにある「フェルメール・センター デルフト」と提携し、フェルメールの全37作品を最新の印刷技術でデジタルマスタリングした“リ・クリエイト作品”が並ぶ、まさにフェルメールだけの空間が楽しめます。

今回、そんなデジタルマスタリングした“リ・クリエイト作品”のフェルメール代表作を網羅した2014年度版カレンダーが発売。卓上カレンダーは、作品部分とカレンダー部分がセパレートになっていて、いつでも自分の好きな作品だけを眺めていられる仕様です。作品は月毎に12種類。2種類が通信販売で購入できます。



↑ PAGE TOP